亀乃清凜の対戦記録

3割は正義に与えられる

第二回セイリン式クトゥルフTRPG体験会募集のお知らせ

おはようございます。亀乃清凛です。

 

今回は、クトゥルフ神話TRPG CoCの輪を広げたいということで、第一回に続きTRPGに興味がある初心者の方(玄人でもよき)を募集させて頂きます。

 

☆必要なもの

ダイスアプリ

Discordで通話が出来る環境

Chrome等の検索エンジン

 

☆内容

セイリンがKPとなり、能力値ロールから技能振り、技能使用、SAN値チェックまで1から教えながらシナリオを合計3本か4本実施します。

 

☆募集人数

3人

(一対一で行いたい人も別枠で可。何にしても要相談。)

 

☆実施日

8月の下旬。具体的な日時はメンバー内で話し合いの上決定します。

 

 ☆募集締切

定員になり次第。定員割れした場合は8/10まで。

 

ルールブック(CoC)の所持の有無は問いません。セイリンの目標は持ってない人も買ってくれるような卓を作り上げることなので。

皆さんの連絡をお待ちしています。

 

連絡先↓

 https://twitter.com/KameSeilin?s=09

 

過去の卓のリプレイはこちら

第一回、長編一回目

 

第一回、長編二回目

[かみんぐすーん]

セイリン式クトゥルフTRPG第一弾リプレイ

このリプレイは「珠玉の一杯を求めて」(「CoCシナリオ「珠玉の一杯を求めて」」/「riryuru」の小説 [pixiv])を元にしたセッションを行った際のリプレイとなっております。

 

ここまでのあらすじ:ラーメン食うオフ会しようと思ってたら前の晩に変な夢を見た(こなみ)

 

登場人物

アブラヒモビッチ

(PLアムカニ(@amu__numa))
f:id:KameSeilin:20180708162625j:image

コンゴ共和国のスラム街育ちのプロレスラー。日本語が母語レベルにペラペラだが向こうの言葉はもう忘れてしまったようだ。霊感が強い。

 

宇佐美純一

(PLちょこみんと(@choco__MlNT))
f:id:KameSeilin:20180708163520j:image

私立探偵、宇佐美純一。彼は人の心を見破り、解きほぐすことに優れたカウンセラー()でもある。なお基本的に運は悪い。好きなラーメンは豚骨。

 

桃園春樹

(PL桃園(@momozono05981))
f:id:KameSeilin:20180708163852j:image

体が貧弱なオカルト小説作家。担当編集から逃れる為に身に付けた隠密術は一定の水準を越えているものの、元が貧弱なので続けて行うということは出来ない。ラーメンは嫌いではない程度。

 

 

 

 珠玉の一杯を求めて

 

ラーメン。
なにはともあれ美味しいラーメンを食べたい!
その為には情報収集!テレビのグルメ番組や情報誌のチェック、SNSの検索もかかせない。
美味しいラーメンの情報をゲットしたら、その付近に仕事や用事を見つけて無理矢理行ってしまう。
珠玉の一杯を求める私立探偵、宇佐美純一は『ラーメン狂信者』
略してラー狂といっても過言ではない。

そんな中、日課のネット検索で偶然みつけた『バイカーの旅ブログ』
そこにはこれから向かう『食楽亭』のラーメンの写真が載っていた。
ラーメン屋巡りをライフワークにしてきた宇佐美は、その写真を見た瞬間「これは…!」と直感した。
これは…もしかしたら長年探し求めてきた珠玉の一杯かもしれない…!!
モニターの向こうから匂いが伝わってきそうだった。
宇佐美は自分の想像に唾を飲み込む。
こんな写真をみたら、ラーメン狂信者を自負する宇佐美はじっとしていられない。
ぐる○びや食べ◯グで検索しても食楽亭の情報は載っていなかったが、
幸いなことにブログに住所が載っていた。
確認すると群馬と長野の県境の山間地帯、僻地ではあるが三時間も車をとばせば着く場所だそうだ。
その情報を宇佐美から雑談の中で聞いたアブラヒモビッチと桃園春樹は、計画していた群馬ラーメンオフの〆として行ってみることを自然と提案する。
到着は夜になりそうだが、食楽亭の営業は日が暮れてからとのことだ。

 

 

さて、ラーメンオフ当日、彼らは微妙に夢見が悪かった為か寝不足な頭で集合場所へと集まった。しかしそこにいたのはSNSを通してしか知らないはずなのに、つい昨晩夢で見た覚えのある顔ばかり。

更には全員が同じ夢を見たということらしい。正夢もここまでいくと怖いな、なんて話ながら、ヒモビッチと桃園、二人が運転手となりラーメン屋巡りを開始した。

 

予定していたラーメン店巡りもほとんど終わり、残すところ食楽亭のみ。車を持っていない宇佐美は桃園の車に乗り込み、二台の車は食楽亭までの道を走りだした。

 

 

桃園が運転する車の後ろをついていくヒモビッチの車。ヒモビッチは運転の傍ら、ふと永遠と続く山の風景を眺めた。

窓の外を流れる景観を楽しんでいたヒモビッチは、山間のゆるやかな斜面に一部開けた場所をみつける。
開墾でもしているのだろうか。
距離もあり夕暮れ時なのでシルエットしかわからないが、土の上で作業をしている人影を見つける。
人影は、大きなショベルで土を掘っていた。
やがて満足な穴が開いたのか、傍らの土嚢袋から何かを穴の中に埋めはじめた。
白く細い、両先端に膨らみのある何か。ヒモビッチにはそれが、骨のように見えた。
自分の想像におそろしくなったヒモビッチだったが、恐らく目の錯覚だろうと自分の想像に苦笑する。

風景は既に、後ろの方に流れていってしまった

 

昨日の夢に関して内容を言い合ったり、今日食べたラーメンに思いを馳せている間に、日はすっかり暮れてしまった。国道といっても街灯が整備されているわけでもない。

星明かりしか頼りのない夜闇の中、車のヘッドライトを頼りに登り道を走っていると進行方向に小さな明かりが見えた。
ガラス張りの引き戸から漏れる照明がぼんやりとこじんまりした平屋建てを浮かび上がらせている。
建物の前には手作りと思しきスタンド看板が国道から見えるように置かれており
食楽亭へお越しの方 駐車場は100m先左》

と書かれている。

看板の指示に従い100mほど進むと道の横に広場があった。土がむき出しで雑草も生えており若干整備がなっていないが車が一台停まっていることからここが件の駐車場なのだろう。
桃園とヒモビッチは空いているスペースに車を停めた。

 

駐車場に車を停めた彼らは国道の脇の歩道を歩いて食楽亭まで戻ってきた。
目の前の建物は廃屋じみていて軒先に揺れる赤い暖簾がなければここがラーメン屋だとは思えないほどだ。
硝子の引き戸から店内を覗くとカウンターとその奥で働く従業員たちの姿が見えた。引き戸の隙間からは食欲をそそる匂いが漏れてくる。
宇佐美達はその匂いに引き寄せられるように引き戸を開け店内へと足を進めた。

 

 

店内にはカウンターと四人がけのテーブル席がふたつあった。カウンターの内側は調理スペースになっており、三名ほどの従業員が調理をしている。
従業員は一様に長袖の白い厨房服を着てマスクを付けているが、そのうち一名は白いコック帽を被っており、二名は頭にバンダナを巻いている。
カウンターの片隅には小さな本棚があり、週刊誌やコミックの類いが並んでいる。
彼らの来店に気がついた従業員がカウンターの内側から声をかけてきた。
「いらっしゃいませ空いているお席へどうぞ…」
その声は随分と掠れたうえに早口で聞き取りづらかった。
テーブル席のひとつにはサラリーマン風の男性客が一名、座って食事をしている。
駐車場にあった車はこの男性客が乗ってきたものかもしれない。

 

テーブル席に座り落ち着いて改めて店内を見渡す。
外装から予想したとおり壁や天井は古びていたがきちんと清掃が行き届いているようで店内は綺麗だった。
カウンターの内側の調理場には大きな寸胴鍋や中華鍋が並び、その前で従業員が黙々と調理をしている。
鍋から立ち上るスープの香りは店の中に満ちており、宇佐美達は期待に胸を踊らせた。
しかし、肝心のメニュー表が手元にないことに気がつく。
カウンターの上にも店内の壁にもメニューの掲示はない。
先程のマスクの従業員が水を持ってきたので、ヒモビッチがメニューについて尋ねると従業員は
「ラーメンしかない」

とぼそぼそ答えた。なるほどそれならメニュー表もいらないわけだ。
宇佐美がラーメンを3つと注文すると従業員はじっと宇佐美の顔を見つめたが、しばらくすると従業員は踵を返し、何も言わずにカウンターの内側へ戻っていった。

調理場ではコック帽を被った従業員が麺を茹ではじめる。彼がこの店の店主なのだろう。

ラーメンができるまでの間、彼らは今日食べたラーメンや今朝の夢、またSNSに関する雑談などをして時間を潰した。

 

 

ほどなくして、従業員がトレーを持ってカウンターの中から出てきて、彼らの目の前にドンブリを置く。
チャーシュー、煮卵、メンマ、もやし、海苔とシンプルな具材の下に垣間見える麺。
澄んだ薄茶色のスープに肉の油がきらきらと黄金色に輝いている。
ネットでみつけた写真と寸分違わぬ一杯が今、彼らの目の前にある。
なんともいえない香りがダイレクトにそれぞれの鼻孔をくすぐる。
彼らは厳粛な面持ちで箸を手にし、麺を啜った。

 

宇佐美と桃園はそのラーメンを食べ、感動を覚えた。

今までに食べたラーメンの中で十指にはいるかもしれない。
こんな辺鄙な場所じゃなければ行列のできる人気店になるだろう。しかし、スープの出汁とチャーシューに少々の癖があるので、これは好みがわかれるかもしれない。
そんなことを考えながら、宇佐美と桃園は夢中でラーメンを完食した。

 

一方のヒモビッチはあまり口に会わなかったようだ。写真ではあんなに美味しそうに感じていたというのに。
なによりスープの出汁とチャーシュー。これが味のバランスを崩している。
三時間もかけて車を走らせてきたのに残念だったが時にはそういうこともある。
それにしても一体何の肉を使っているのだろう?不思議な歯ごたえがある。
そんなことを考えながら、ヒモビッチはラーメンを完食した。

 

 

会計の前にトイレに行っておこう、帰り道も三時間かかることだし。
そう思ったヒモビッチは席を立った
トイレに行きたくなったヒモビッチは店内を見回すがそれらしきドアは見当たらない。
きょろきょろしているとレジで会計を済ませていた男性客と目があう。
トイレの場所を尋ねると男性客が
「ああ、トイレは店の外にあるんですよ。建物の裏手です」
ちょっと不便ですよねと笑いながら教えてくれた。

店の外に出たあなたは壁沿いに沿って建物の裏手にまわった。
建物の外周1メートル程度は切り開かれているが、その先は鬱蒼と草木が茂っている。
裏手の壁にドアがふたつ並んでおり、手前のドアにはトイレとプレートが取り付けられている。
トイレは電球が切れかけてちかちかしている以外は問題なく使用できた。
スッキリしたヒモビッチがトイレから外に出た時、隣のドアから何か音が聞こえた。

ヒモビッチは隣のドアに近づいてみた。
隣のドアには『食料倉庫』とプレートが取り付けられている。
大きな南京錠で鍵がかけられているが掛け金が錆びているのでちょっと力を入れれば壊れそうだ。
ドアのむこうには誰かいるのだろうか、耳を傾けると、ドアのむこうからは「うーうー」と音が聞こえる。
唸り声…??人か…??

そう思ったヒモビッチは、兎に角他のメンバーを呼んでこようと食楽亭へと戻っていった。

ヒモビッチから話を聞いた二人は、全員でトイレにいくのは不自然だからと、会計を済ませてから行くことにした。

レジに向かうと店主がカウンターの内側からでてきて会計をしてくれる。
店主は無言で宇佐美達におつりを渡すとカウンターの内側に戻っていった。

 

 

食料倉庫に集まった三人は、意を決してドアを開けることにした。
なにもなかった時はお店の人に正直に謝って修繕費を弁償しよう。
宇佐美が少々違法にも思える手つきで掛金を弄ると、ガチンと鈍い音をたてて掛金が外れた。
彼らはそっとドアを開ける。中は裸電球がひとつ薄ぼんやりとした明かりを点している。
コンクリートの床の上に、何か大きなものが転がっている。
脚と腕を縄で縛られ猿ぐつわをされたそれは生きた人間だった。
男性は不自由な体勢で大きく目を見開いて彼らを見ている。
突然のサスペンス展開に宇佐美は得体の知れない恐怖を覚えるのであった。
冷蔵不要な食材が並んだ棚の引き出しでナイフを見つけた宇佐美は男性の縄を切った。
猿ぐつわと縄を切ると男性は、
「すぐに逃げるんだ!ここのやつらは…人間じゃない!」
そう言い放ちおぼつかない足取りでドアから出て行こうとする。
彼らが詳しく話を聞かせてほしいと頼んでも
「いつあいつらが来るかわからない!はやく逃げなくちゃ!」と主張するばかりである。

宇佐美がなんども言い聞かせる内、男はすこし落ち着きを取り戻したようだ。
男の名前は山田。
一週間前にバイクでツーリング中、偶然食楽亭をみつけたこと、
食事後駐車場に戻るまでの道中で従業員に襲われ捕まったこと、
監禁中食料は与えられていたこと、
従業員は人間ではない、バンダナとマスクの下の素顔は見るも恐ろしい怪物だったこと
を声を潜めて教えてくれた。

宇佐美は、彼がブログで食楽亭を紹介していた山田本人だと気付く。

そのことを山田に教えると、少し安心した様子を見せたがすぐに、

「はやくここから逃げないと…あんたたち、車で来てるのか?」

と続けた。
山田は捕らえられた時に持ち物のすべてを没収されており、バイクの鍵がないため彼らの車で一緒に連れて逃げてほしいと頼んでくる。
髪が乱れ無精髭が生えた彼の容貌は狂人じみて見えた。
1週間、着の身着のままだったのだろう服は汗と埃でくたびれている。
男の必死な様子にまずは裏を取ってみようと、彼らはそっと食楽亭へと近づき、中の様子を伺った。

店内は静かでカウンターの奥では店主が食器を片付けている。さっきまでいたはずの従業員の姿は無く、山田が待ち伏せといったのはもしかして本当なのではないだろうかと思う。

 

 

待ち伏せを悟った彼らは、山道を行くにせよ道路を行くにせよ何か使えそうな道具が無いかと倉庫を探し始める。

彼らが食料倉庫を探索しはじめると、山田ははやくここから離れたいと苛立っている様子だったが

車がないと脱出が難しいとわかっているのかドアの前で外の音を気にしつつ彼らを待っている。
山田の様子をみた彼らは、もしや彼は嘘を言っているのではないかとも思ったが、まずは使えそうな物を探そうと、食料倉庫を見回した。
裸電球が照らす室内は煤けたように薄暗い。
冷蔵不要な食材が並べられた棚、業務用の大きな冷蔵庫、
壁にかけられたカレンダー、ダンボールや灰色の機材、めぼしいものはこれくらいだろうか。


棚には、ラーメンの具材に使用すると思しき食材や食用油がきちんと整理されて並んでいる。
桃園は、棚の引き出しに先ほども使用したナイフや缶切り、チャッカマンなど細々したものを見つけ、ナイフとチャッカマンを手に取った。


宇佐美が自分の身長よりも大きな冷蔵庫の扉を開けると全身が冷気に包まれた。
冷蔵庫の中のライトは倉庫内の裸電球よりむしろ明るい。
ライトが照らす大きな肉の塊を、彼が見落とすはずもない。
透明のビニール袋にはいったそれ。生々しい、ピンク色をした、まだ未処理の肉の塊。
目の前にあるものが人間であることーいや人間であったことを宇佐美は理解した。理解してしまった。

更に宇佐美は先程自分が口にしたラーメンには、もしかしたら…
と気がついて口元をおさえた。

この肉をいくら見てもわかることはなさそうだと悟った宇佐美は、このことは自分だけが知っていれば良いと考えそっと冷蔵庫を閉じた。

 

ヒモビッチがカレンダーを見ると、そこには食材の納品予定日が書き込まれていた。
今日の日付の部分に

『食材納品/引き渡し22時15分』
と書かれている。

時刻を確認した場合、現在時刻は22時ちょうどであった


桃園がダンボールを調べると、中には割り箸やペーパーナフキンのストックがあった。
灰色の機材はプロパンガスのボンベだ。中華料理屋など火力を使う料理店ではプロパンガスを使用することもあることを桃園は思い出した。
ボンベの残量を目視することはできないが、簡単に持ち上げることができないことから、空になった容器ではなく予備のボンベなのだろう。

 

それぞれが見つけたものを共有したところ、宇佐美がこの店をボンベで爆発させようなどといい出したのを咎め、しかし何かには使えそうだからと力自慢のヒモビッチがボンベを持つことになった。

 

 

倉庫を抜け出し、待ち伏せされているであろう道具を避け、森を突き抜けて駐車場へと赴こうとする一行。しかし先頭をいくヒモビッチが道を間違えてしまい、中々進めない。そうこうしている内に、彼らは出会ってしまった。

 

それは背丈が 1.5mあるピンクがかった色の生き物だった。

甲殻類のような胴体にばかでかい背鰭というか、膜のような翼といったほうがいいかもしれないようなものがついており、関節肢が複数ついていた。

普通なら頭があるはずのところには、非常に短い触手に覆われた渦巻状の楕円体がついていた。

 

それをみた彼らは潜在的な恐怖を覚えた。中でも宇佐美と山田は強い畏怖を感じたようだ。急いで逃げ出す彼ら。山の中という地形だからか、それは上手く彼らを追うことができないようだ。宇佐美が不幸にもそれに接近されかけたが、それが持つハサミを避けることに辛うじて成功した。

 

走り続けている内に、彼らはそれを振り切り、駐車場へとたどり着いた。ヒモビッチの車に山田を詰め込み、それを宇佐美が見張るという形だ。麓の駅で落ち合おうと言い、桃園とヒモビッチの車は走りだした。

 

 

桃園の車を先頭に、暗い山道を二台の車はひた走る。
バックミラーを確認してもなにも追ってくる様子はない。
食楽亭が遠くなるにつれ、ヒモビッチは張りつめていた緊張の糸がほどけていくような気がした。
後部座席に座った宇佐美や山田とも会話をする余裕ができた。
山田の表情にも安堵の色が見える。
ふと、宇佐美は何か、の気配を感じた。
会話の途中で急に押し黙った宇佐美を男が不思議そうな顔で見ているが
宇佐美は自分の第六感に従って、窓を開けると顔だけ窓の外にだした。そして視線を真上にあげる。
あれは、なんだろう。
チープなSF映画に登場しそうな。
円盤形のUFOが、あなたの車の上空に浮かんでいるではないか。
超常現象を目の当たりにした宇佐美は恐怖を感じるが、すぐにヒモビッチへと伝えることでヒモビッチも異変に気付き、エンジンを踏み締め、ハンドルを握りしめた。

 

華麗なドライビングテクニックで、UFOの追撃から逃げ切った。桃園の車が追われる、ということもなく、そのままUFOはどこかへ消えていった。
やがて彼らの車は麓の街に辿り着き、
彼らは男にいくばくかの旅賃を渡して駅で別れた。
彼らは食楽亭のことを警察に通報したが、まだ、その後あの店がどうなったのかはわからない。
彼らは平穏な日常へ戻ることができたのだ。

この経験をきっかけに、彼らは探偵である宇佐美を中心にオカルト系の事件を取り扱う探偵業を始めることになるが、それはまた別の話である。

Fin

 

長編第二話↓

[かみんぐすーん]

 

第二回募集要綱↓

第二回セイリン式クトゥルフTRPG体験会募集のお知らせ - 亀乃清凜の対戦記録

意味もない解説



皆さんおはようございます。亀乃清凛です。某流行りのクイズの解説となっております。

 

 

やってない人はまずこちら

https://buddymeter.com/quiz.html?q=kkiEtjI


f:id:KameSeilin:20180620225612j:image

小説版欲しいよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ始めますか


f:id:KameSeilin:20180620225950j:image

あのさぁ…() リーフィアがすこすこのすこです


f:id:KameSeilin:20180620225958j:image

単騎のころロズレイドの繁殖に伴い叩き落とされました。地割れをロズレイドにぶちあてたのも確かこのころ


f:id:KameSeilin:20180620230016j:image

おいしいよね


f:id:KameSeilin:20180620230027j:image

なんでみんなまちがえないの…(全く変換で意識してないやつ)


f:id:KameSeilin:20180620230041j:image

はい。


f:id:KameSeilin:20180620230054j:image

クソ虫許さねぇ


f:id:KameSeilin:20180620230059j:image

オーストラリアなんだよなぁ…(経由地マレーシア)


f:id:KameSeilin:20180620230120j:image

Ⅳが一番短いからね、しかたないね


f:id:KameSeilin:20180620230131j:image

錬金術士あたりじゃろうか…

f:id:KameSeilin:20180620230859j:image
ポプストはいいぞ

f:id:KameSeilin:20180620230157j:image

レート等でもしもみかけたらよろしくおねがいします

 

ぼくがオニゴーリを嫌う理由

#クソ記事注意

 

おはようございます。亀乃清凛です。

 

お前程度の雑魚の意見とか聞いてねぇよバーーーカって言われそうだけど、TLに某襷オニゴーリとか残飯オニゴーリとかの話が溢れてるので個人的に思ってることをだらだらと述べます。ツイートには長かったのでここにって形ですね。

 

まず始めに、これを書いてるのがサイクル好き好き星人で日頃の対戦中でも「お前も一緒にサイクルしようぜ!えっ?回さないの?なんで?楽しいのに??あ、負けたわ」ってなってる奴ってことだけ頭に入れておいて下さい。

 

自分がオニゴーリ苦手なのって技構成に身代わり零度が自然と入るから役割持ちの後投げが出来ない所なんですよね。

 

自分は一撃技を最強に近いレベルで強い技だと思って進んで使うようなゴミクズで、だからこそ相手の一撃技は当たるものだと思ってて対処出来ない(自分の使う一撃技は命中五割くらいだと思ってるけど)。使う人少ないから今はなんとかなってるけどフレ戦で一撃技統一とかされたら試合前から降参ボタン押すレベル。

 

それに加えて有利対面での身代わり。日頃不利な相手からは引いて有利な奴を出して~ってしてるサイクル脳が相手の身代わりを苦手としているのは世界の真理ですが、それにほぼ必中(だと思っている)の零度が加わったらそりゃ最低でも二体、素早さが上がれば三体持っていかれるって脳内戦で思うわ。何せほぼ必中だ(と思ってる)もの。

 

でまぁそんな三割が繰り返されることを当然だと思ってる奴が自分が使う命中不安定技が当たると思っているかというとそんなはずが無いわけで。

Z技の繁栄で火力が高い技を選ぶようになったこの世界でオニゴーリに撃つ技が外れない理由もなく。

 

って感じで脳内でオニゴーリに勝てるビジョンが一切浮かばない訳ですよ。奇跡的に突破出来てもその時には零度で二体くらいは持っていかれてるので後続二体に勝てないという。

 

なんて考えてるので襷オニゴーリとかただの悪夢ですよね。むしろ夢であれ。基本的に相手の初手オニゴーリとその後続に(自分の理論で)勝つ方法は初手で対面からオニゴーリに勝てなくもないポケモンを出すしかないので当然そんな奴を投げる。

その有利対面で一回零度を奇跡的に避けてさらに奇跡が重なって攻撃を当てれば勝てると思ってるのにそのまま居座られてしまうとか無理じゃん死ぬか。死んだわ。って感じなのですよ。

 

まぁ途中から出てくるオニゴーリに対しても交換読み零度が当たる前提で役割が薄めの奴先に出して実際にオニゴーリに役割が持てる奴が零度を被弾する回数を減らそうとしてる訳ですがね

 

 つまり何が言いたいかっていうと襷オニゴーリとかいう選択肢を世界に広めてくれやがってありがとうございます(血涙)ってことですね。つらい。

 

あ、ピースポーツはクッソ楽しい企画番組だったのでまた似たようなものをやって欲しいですってことだけは言っときます。

 

何か意見がある方はTwitter(@kameseilin)まで

 

 


f:id:KameSeilin:20180610205605j:image

↑サムネ用

豪州に行った話

おはようございます。いつもは亀乃清凛(twitterID @KameSeilin)というHNでネットをうろついている者です。

 

 なんで真面目に自己紹介してるかっていうとネットから検索で発見する人が一定数いそうな内容だからです。検索から来た人みってるぅー?
f:id:KameSeilin:20180321151706j:imageアデレードアーケード

 

というわけで先日までオーストラリア南部、アデレードの某大学に1ヶ月間の短期留学をしていたのでその時の話でもしようかな、と。内容としては、オーストラリアの気候と持っていった方が良いもの、あと交通関係を予定しています。大学の勉強の話やホームステイの話は他以上に身バレ一直線なのでTwitterのDMまで来てください。フォロー外でもお気楽にどうぞ

 

気候について

 自分が行ったのは2月~3月にかけて、つまり日本の春前、オーストラリアの秋前に行きましたが、日中は半袖Tシャツ一枚で良いほど暖かかったです。朝晩は冷えることもあるので薄い上着は必要ですがそれでも暖かいです。あと雨も降らない!その代わり、雲一つないのも重なり、1日で時計焼けがハッキリと現れる程度には日差しが強い為、日焼け止めをしっかりと数時間おきに塗るのが大切です。面倒なら薄い上着を羽織る程度でも大丈夫だし自分もそうしてました。忘れて服脱いだら死ゾ

さっきも触れましたがこの時期は雨が降らない乾季であるため、折り畳み傘もほぼ不要といって良いです。帰りの検問で傘を出す必要があるのでそこも考えれば持っていかないのがベター(ベストではない)と思われます。7、8月、つまり冬までいる人は持っていくべきだとは思うので、各自で考えてくださいな。

また、雨が降らないため川に水は流れず、モリアルタの滝などの水を主にした観光地はそこまでの迫力がありませんので、その点は注意が必要かもしれません。日が長い上晴れてるのでサンセット、サンライズは見やすいので観光的には一長一短といった所です。
f:id:KameSeilin:20180323112917j:imageアデレード図書館

 

持ち物

(個人の見解です。情報は遠くのネット民より近くの学校や先輩を信用しましょう)

服装が半袖+薄い上着で充分という話はしましたが、数については事前に考えた方が良いと思われます。滞在先によっては週に一度しか洗濯を行えない、という場合もあるため、事前に訪ねておくことが必要になります。

また、日差しを遮る為の帽子は最低必要、サングラスは無くても困らないがあった方が良いと思います。

日本ほど水が安くないため、水筒を持参するのもアリだと思います。飛行機内に持ち込む際に水分をいれたままにしないよう注意をしてください。

それ以外は一般的な旅行と変わらない気もします。お世話になる先方に軽いプレゼントを用意するのは日本でも同じですからね。
f:id:KameSeilin:20180323130016j:imageアデレード市内

 

交通関係

アデレード市周辺にはバスの他、トラムと呼ばれる路面電車も走っており、基本的な移動手段はこの2つになると思います。

アデレードでの公共バスの値段は日本とは異なり、一度料金を払うと一定時間(多分二時間?各自確かめて下さい)乗り放題となる料金制度が採用されています。乗り間違えたり乗り換えたりしても値段が変わらないのは気分が楽!日本にも採用してくれないかなー

これらに共通して使えるメトロカードというものがあり、学生用の緑色のメトロカードだと交通費がぐっと安くなるので、学生の方は学生証を手に入れ次第メトロカードを入手することをオススメします。

 

言いたいこと書きなぐった感しかない()他聞きたいことあったらTwitterで聞いてくださいな。

 

それでは!

Zムーランド草案

皆さんおはようございます。亀乃清凛です。

 

 今回は普通のすなかきムーランドの育成論となります。

 

 別に結果を残した訳でもないのですが以前敵討ちムーランドの記事敵討ちムーランド-堅くて速くて高火力 - 亀乃清凜の対戦記録 を挙げたのは良いものの、現在使っている型とかけ離れているのは如何なものかと思い、投稿させて貰いました。

 

まずムーランドというポケモンについて軽く触れます。
f:id:KameSeilin:20180304063806j:image

タイプ:ノーマル

種族値:H85 A110 B90 C45 D90 S80 (計500)

特性:すなかき、威嚇、(肝っ玉)

 

 Cをガッツリ下げているので合計種族値の割に良い実数値を得られる典型のようなポケモンですね。前記事でも言いましたが威嚇HBで雑に扱ってもそこそこ強い、そんなポケモンです。

 

では今回の型を見ていきましょう

 

ムーランド@ノーマルZ

 148-252-4-*-20-84

179-178-111-*-113-111

ギガインパクト/(サイコファング/炎の牙/ワイルドボルト/身代わり/じだんだ/アイアンヘッド/馬鹿力/etc...)

 

 簡単に言えばギガインパクトZで相手をぶっ飛ばす奴です。特化ギガインパクトの火力指数は40050(メガミミロップの猫+恩返しよりほんのり高いくらい)。Zの場合はその1.5倍の60075(特化メガハッサムの二舞バレパン、陽気メガチャーレムの膝より高いくらい)であり、Z枠として申し分無い程度の火力は備えています(多分)。

 

 以前の記事のものよりもSラインを上げているのは実際に使用して準速スカーフカプ・テテフを抜けずに落とした試合が多かったためです。最速は事故なので裏に鋼を置いてなんとかしましょう。

  Sに振り切れば最速スカーフ108族と同速となるので、お好みで調整してください。

 

 以前の敵討ちとっておき型との違いは、鋼岩ゴーストで止まらないことです。特に炎の牙でナットレイを、サイコファングで壁展開を、アイアンヘッドで砂に余裕があればミミッキュを、じだんだでギルガルドを…と今まで運用するにおいてしんどかった相手に対する有効打(倒せるとは言ってない)を得たのは大きいです。パーティーと相談しながら厚めにしたい相手への有効打を選択してください。自分はまだ悩み中です(おい)

 また、元々の耐久が高く、場持ちが良いことから、サイクル適正もそれなりにあり、所謂「崩し」に近い動きが出来ます。

 

 オススメの砂要因はギガイアスですが、サイクル寄りのバンギラスカバルドンでも良いと思います。起点とか関係なく目の前の相手をぶっ飛ばすポケモンなので、メガバンギの裏のスイーパー役としても良いかもしれないですね。自分は結果を残せていないので好きにして下さい。

 

相変わらず数値受けしてくる耐久ポケモン全体がキツイですが、ドヒドイデポリゴン2は例え弱点を突ける技を持っていても無理です。特化されていなければ可能性もありますが、素直に裏の特殊アタッカーに任せるのが無難でしょう。

 

質問、感想は@KameSeilinまで

マギアナやべえって話

f:id:KameSeilin:20180112120431j:image

↑可愛い顔で全てを破壊する最終兵器

 

おはようございます。亀乃清凛です。

 

先日Twitterで風葉ナノン(@nanon497)さん主催で行われたアローラウルトラ伝説杯に参加し、見事負けてしまったのでここに感想を雑記します。

 

アローラウルトラ伝説杯のルールは「原始カイオーガ、原始グラードンメガレックウザウルトラネクロズマを除いたカロス、アローラマーク付きの伝説、幻のポケモンをパーティーに二体まで入れても良いダブルバトル」。マーク付きに限るので大会の時点ではアルセウスも不可(だったよね?)でした。

 

変則ルールとはいえ基本はダブルバトル。日頃シングルでわちゃわちゃしている自分にとってはプリプリぶりのダブルでした。

 

普段やってる人にたいしては正攻法で勝てないならギミック使おう、という考えのもと、こちらの記事を参考にギミックを作り始めました。

 

http://app-date.net/gimmick-party/

(無断転載なので問題があれば瞬時に消します)

 

こちらの黒(喰い断⑨)さんは初心者用の記事、動画を多数出しており、今度AmebaTVのピースポにも(恐らく)ダブル勢として呼ばれている強者です。 総合勢なのでシングルも当然強い。彼を知らないシングル勢は知れ。

 

 コマーシャルはこの辺にして、ここに書いてある通りの「猫指トリル噴火潮吹きありがとうございました」を実現することでムーヴ雑魚でもなんとか勝とうと考えた、ということだけとりあえず知っておいて欲しいです。

 

f:id:KameSeilin:20180112114946j:image

トリル?

潮吹きf:id:KameSeilin:20180112114946j:image

 

 メガカメックスの採用が決まりました

(いや実際こんな感じだったし…)

 

あとはカメックスの隣でトリル撃ってくれるトリル下でも活躍出来る子が入れば並びが成立しますね。炎や地面を呼びたいので鋼タイプから見てみましょうか。

 
f:id:KameSeilin:20180112120520j:image〈トリル爆発ですぐに裏に繋げられマス。雨乞いも出来マスが挑発がよく飛んできマス。地震効きません。
f:id:KameSeilin:20180112120940j:image〈グギュグバァッ!(Sは90あります)
f:id:KameSeilin:20180112121218j:image〈ギアチェンジさせろ下さい
f:id:KameSeilin:20180112115631j:image〈ジャイロと岩雪崩が強いよ!威嚇や地震、格闘めっさ怖いけど!敵を倒した時に上がるのは防御!

f:id:KameSeilin:20180112115732j:image〈4倍弱点は無いですがフルールカノン以外の技威力は控えめです。場の誰が倒れようが特攻上昇の糧とします。

 

ソルガレオもいますが考察時点で忘れていた上既に陽気で厳選していたので割愛。

 

特殊アタッカーでトリルが出来てかつなんか専用技があるディアルガマギアナに絞り、厳選がより楽なマギアナを選んで考察開始。

 

と始めたのは良いものの、マギアナが強すぎて他が埋まらない事態が発生した

(ここから本編)

 

 まずマギアナというポケモンの基本スペックを見てみましょう

 

マギアナ じんぞうポケモン

はがね、フェアリー

80-95-115-130-115-65

特性:ソウルハート(場にいるポケモンが『ひんし』状態になる度に、自分の『とくこう』ランクが1段階上がる。)

 

オーケー、冷静に考えようか。

シングルで苦しめられるメガクチート(H50B125D95)(威嚇は除く)以上の耐久性能を持ち、

自分でトリルができて、

敵味方問わず場のポケモンが倒れる度に火力が上がる、

威嚇で能力が下がらない、

竜にも妖にも一致弱点が突ける、

4倍弱点を持たない、

手助けを覚え、

全体攻撃技と完備した、

伝説ルールでも参加出来ない為あまり考察されていないポケモン

 

うん。

ぶっ壊れでは?

 

 特にソウルハートがヤバい。カメックスの潮吹きを軸として置いた以上、比較的有名でかつメガ枠として目の前に存在するカメックスを落とそうということは相手がまず考えることです。そんなカメックスを落とすとどうなるか。マギアナの特攻が上がるのである

 

他にも味方の命懸けでも特攻が上がるのでなんというか全体的にヤバい。

 

あとマギアナというポケモンはフルールカノンというフェアリー版リーフストームというべき技を持っています。性格補正無しc252振りを普通にぶっぱなしても火力指数は35490。メガルカリオのコメットパンチの指数35460より少し高いくらいです。

これをZ技化(威力195)してみると火力指数は53235。

特化テテフの珠サイキネが52650、霊獣ボルトのC+210万ボルトが53190、ラティオス眼鏡りゅうせいぐんが53235と聞けば大体ヤバさが伝わってくると思います。

ただでさえこの威力であるのに、何故か場のポケモンが倒れる度に特攻が上がる上に結構耐久があるポケモンがこれを持ってる訳です

 

特攻が一段階上がれば素の指数はZと同じで、Zに至っては79852、火力指数のサイトを見ても

 

メガリザードンY 晴れブラストバーン 71212

メガヘルガー 晴れだいもんじ 71280

カプ・テテフ サイコF Zサイキネ 71662

特化ニンフィア 眼鏡はかいこうせん 72090

ポリゴンZ Zはかいこうせん(適応力)74800

特化ポリゴンZ Zはかいこうせん(適応力)82000

ポリゴンZ 眼鏡はかいこうせん(適応力)84150

特化アシレーヌ 激流 専用Z技 85555

 

この辺りが出てくる次元ですね。(アシレーヌやべえな…)

これで性格補正かけたらどうなるか、というのはもはや言う必要は無いでしょう。

 

これがダブルで普通に使えたら環境ぶっ壊れるわ、って話です。リザY増えそう(こなみ)

 

大会ではよい結果を残せませんでしたが、ランダムフリーで潜った時はトリル張ってイージーウィンしてたことが多かったですね。構築とかもっとしっかり練れたら最後まで勝てそうなスペックを持ったポケモンでした。

 

以上!

意見は@kameseilinまで。